ジャンルも多種多様な骨董品の種類について

一口に骨董品と言っても種類は様々あり、ジャンルだけでも陶磁器、掛け軸、刀剣、家具、西洋アンティーク等々多種多様に渡ります。骨董品商などではぞの中でも作られてから100年位経った物を骨董品として扱っている様なです。 刀剣を例にしますと刀の種類は言うに及ばず鍔、目貫、小柄、などの装飾品も取り扱いの対象となりその種類は膨大数となります。刀剣類に限らず骨董品というのは人間にとっては膨大な時間を生き残った歴史の生き証人です。割れる物である陶器が300年生きている、紙である掛け軸が200年生きている、そこに歴史がありロマンがあり価値があるのです。 骨董品の種類とは膨大です。もし何か興味を持ったら、とりあえずその物についてよく調べ、博物館に行くなり古美術商や骨董品商に行ってみる事をお勧めします。本物を見て触る事で骨董品への造形と知識が深まり時代を感じる事が出来ます。 最初は骨董品市の様な所だと敷居も高く無く、一度に様々な物が見れてお勧めです。